新経営事項審査の評点の勘所

有限会社 都城情報ビジネス 様 

いつもお世話になり、たびたび面倒なことをお聞きいたしますが、お許しください。

元気くんへの入力と別添経営審査の入力と評点に大きな違いがありますが、どちらが正しいのでしょうか。

入力のミスはないと思います。

ちなみに、先日の回答ですが、元請工事は必ず必要であり、経営審査では技術者登録が1人2業種となっていることから、

土木・建築・舗装と経営審査を受ける場合、経営審査は受けても技術者欄は0人もありえるので、評点がつかないのは、

どうかな?と考えています。

【弊社からのご返事】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お世話になります。

頂いた資料を参考に計算させて頂きました。1点の差異はありましたが、大きな違いはなかったように思えます。

1点の違いは,経営状況の分析の評点の違いからのように思えますファイルをお送りしましたので、ご確認お願いします。

「元請工事は必ず必要であり、経営審査では技術者登録が1人2業種となっていることから、土木・建築・舗装と経営審査を

受ける場合、経営審査は受けても技術者欄は0人もありえるので、評点がつかないのは、どうかな?と考えています。」

まず,評点の表示については、前回お伝えしましたように、「1」を入力して,頂ければ,評点は,表示されるようになることを

確認しました。(便宜上の対策ですが) 例えば 建築工事 8000  元請工事 0  技術者0 の場合

→ 元請工事に「1」,その他技術者数「1」と入力して下さい。評点が,表示されます。

私の申し上げたかったのは,ここで表示される評点の価値(意味合い)です。

ここで表示された評点からは,仕事は取れませんという意味です。またお客様の関心のない評点という意味です。

送って頂いた数値の会社様が実在する会社様でしたら、中期の目標を指導されたらと思います

(1)建設業経理事務士の2級を一人だけ合格させれば,P点が14点アップします。

P点の14点は,経営状況分析のY評点に換算しますと,70点アップしたのと同じになります。

二級登録経理試験の所に,「1」人,「2」人とか入力してみて下さい。たった一人いれば,満点になることが分かります。

この試験は,4,3級とありますが,最初から2級を受験されることをお勧め下さい。また最近の専門学校等の指導は, 

ビデオ講座が多いのでやはり直接教えてくれる人から学ばれることをアドバイスして下さい。

(2)また,この会社の規模でどうかとは思いますが

(会社の社長様の判断ですが),課題としまして,ISO9001,ISO14001の取得での評点確保が残っています。

建設業の生き残りの為には,ISOの取得は,避けてとうれません。以前は,ISOは県の上位の建設会社が取得するもので,

小規模の会社のは関係ないように思えましたが,今回の経営審査の改正で,小規模の会社にもISOが要求されるように

なりました。


ISOを9001,14001を取得されましたら,やはりP点が14点あがります。ISO9001,ISO14001の

ところを「有」にしてみて下さい。

これのP点の14点も,経営状況分析のY評点に換算しますと,70点アップしたのと同じになります。

(3)もう一つのアドバイスは,防災協定の締結の有無です。

ここが"有"になりますと,P点で21点上がります。同じように防災協定の締結の有無を「有」にして下さい。

※決算書の経営状況分析のY評点のアップは,現在の評点890点は,良い評点ですので,これ以上あげる必要はないと

思います


例えば,Y評点を10点上げて900点にもっていっても,P評点換算では,2点しか上がりません。

経営審査の評点指導では,x1,x2,Y,Z,Wの中で,お客様のできるところを,探し指導する必要があります。

この数値を送って頂いた会社様の場合には,以上掲げせたところ

(1)建設業経理事務士2級合格  14点

(2)ISO9001,ISO14001の取得  14点

(3)防災協定の締結   21点

      合計 14点+14点+21点=49点  ですから50点もあげられます。

当然ここには,多くのお金と時間がかかりますが,しかしお金と時間は投資とアドバイスされる必要があります。

773点が823点になる可能性をお客様の社長様にお話しされれば,大変喜ばれると思います。

ここで用いるのが,お渡ししました○○市の各会社の経営審査データです。

データを評点の高い順から並び替えて,50点アップした場合の順位を,周りの会社の評点を上げて何社を抜き去り、

何番目になりますよと,社長様にお伝えしますと大変喜んでくださるのではないでしょうか?

並び替えた順位表は,プリントアウトしてお渡しされれば喜んでもらえます。

経営審査の評点指導は,各会社違ってきます。

今回の会社は目標を3点あげさせて頂きましたが。ここで,このような,ご質問等を頂くことに大変喜んでいます。

弊社の"元気くん"を購入して頂き感謝します。

また,恐縮で,私事ですが,ISO指導の資格,建設業経理事務士の1級(私自身が1級を持っております)や

2級の合格者を南九州で多く出してきました。

お電話やメールを頂いた時の,大阪や横浜の出張は,ISO取得のための指導コンサルタントで仕事をしていました。

また,以前の話になりますが,この経営審査の評点についての講師も,南九州税理士会の皆様から呼ばれて,先生、

職員の方々300名の前でお話しさせて頂いた経験があります。もし、先生の勉強会等で必要な場合には

,お呼び頂ければ、幸いです、以前大阪でお話しをさせて頂いたこともあります。

また、本当に失礼とは思いますが,ISOを取得したいという,建設業や製造業,食品製造の方,ございましたら

ご紹介頂けたらと思います。

元気くんを購入して頂き,出会いをさせて頂いた,公認会計士の先生や税理士の先生にご紹介頂いております。

参考までに,例えば経理事務士2級の指導とISO9001,ISO14001のセット指導(期間は4ケ月間)で

,20人以下の建設会社様で,コンサル料金は220万円ほどになります。


ソフト"元気くん"で使い方に不明な部分ございましたら,質問をお待ちしております。

有限会社都城情報ビジネス 松元義仁

このページのTOPへ